前へ
次へ

派遣社員と請負社員の違いについて

仕事をしてくれる「人材」を発注して契約するのが派遣で、仕事そのものである「業務」を発注して契約するのが請負です。
両者の違いを明確に把握している人は意外に少なくしばしば混同されがちですが、その待遇には明確な違いが存在します。
最も大きな違いが「誰から指示・命令を受け仕事を遂行するのか」にあると言えます。
派遣社員の場合は就業先の社員から指示を受け仕事を進めることになりますが、請負の場合は請負元の人間が出す指示に従い働くことになります。
請負契約をしている社員に対し、就業先の人間が直接業務上の指示を出すことは請負法に違反することになるのでできないのです。
したがって就業先の社員は請負社員が行う仕事を監督することもできません。
請負社員は請負社員同士でチームを組み、請負元の会社からの指示・監督の元仕事を遂行しなければなりません。
また給料の支給においても違いがあり、派遣社員が時給計算で給料を支給されるのに対し、請負社員は請負元の会社より月給制で支給されるのが一般的です。

Page Top